薬味さらい

東方Projectの二次創作絵がメインです。時々オリジナルとか。
<< 痛恨の一斉告知 | main | 夏コミ終わって今後について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
無様な言い訳とC86告知
またもイベント直前の告知更新となります。

でもね!今回はね!サボってた訳じゃないんですよ!
いやそれじゃあいつもはサボってるのかって話ですけどそれは置いといて。置いといて!

とにかく例大祭終わって一息ついてからですが、急に仕事が忙しくなってしまいまして
挙げ句に6月はほぼ毎日何かしらの進捗提出が発生すると言う地獄の日々に…。
1日に複数案件の作業が重なってる事もザラ!(同人の依頼原稿も含めれば日に4件って事も有った…)
今見ても6月のスケジュール帳のみっちり具合は目眩がします。
極端な工期の短縮や追加案件なんてのもボコボコ有りましたし。


で、それとは別に個人誌の方ですが
こちらは初めての総集編ということで不測の事態を考慮し、例大祭後からわりと早めに取り掛かっていました。
不慣れな編集作業や発注関係だってこれだけ早く始めていれば余裕だろうと思っていたんですよね…。
それで気が大きくなったのか描き下ろしのネームが膨らむ膨らむ。
50ページ過ぎた辺りでちょっと抑えようかな?と思いつつも出来上がれば60ページ越え。

でもその時点では普段の原稿と同じくらいのペースでやれば余裕入稿すら可能な配分でした。
というか総集編という事で印刷費が馬鹿にならないので早期割引を前提に考えていました。
しかしてその後の6月の惨状でその間はほとんど原稿作業ができず
結果として一ヶ月半も取れない中で編集+60強の描き下ろしというアホ進行!
最終的には通常締切3分前に入稿という具合でした。
いや、間に合った分だけ本当に良かったですが。

というわけでブログの更新が無かったのにもちゃんとした理由があるのです!
理由になんのかなコレ?
というか今更こんなこと言っても狼少年状態ですよね。
日頃の行いってダイジネ!!


■イラストメイキング本に収録されました。

こちらは夏コミとは関係無い告知です。

玄光社様より発売の
「東方秘技帖~Photoshopで極める東方イラストテクニック」
にイラストのメイキングで参加させていただいてます。

公式ページ
http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=6442

収録されているのは魔理沙のイラストです。

pixivのページ(画像は同じ物になります。)

ラフ、線画に関してはさらっと流していますが
(線画なんて真面目に描き出してまだ1年ちょいなので、教えられる事なんて無いですし…)
その後の工程に関してはみっちりと載っています。
色の置き方や陰影をどういう段階でつけているか、レイヤー構成から遠近感の出し方、魔法陣の描き方までズラッと。
自分が持っている技術を万遍無く詰め込んであります。
もしご興味が有れば是非!お腹のなか全部見られちゃってる気分!

しかし一緒に載っている他の方々がハンパ無いですね…。
メイキングを読みつつホゲー!と唸っています。
一応遠景まである背景を描いているのは僕だけなので、その点でなんとか本の賑やかしにはなれたかなー、なんて胸を撫で下ろしています。

■夏コミ告知

■総集編「ムガムビル」

8/16
c86二日目 東地区 セ-02b
『薬味さらい』にて総集編を頒布します。

『ムガムビル』
B6版 308ページ
会場価格¥1500

過去作
『餓虎』
『走狗ノ牙』
『When You Wish Upon A STAR』
『VINTAGE』
『DODO』
の5冊と新規描き下ろし漫画
『禍星』
を収録しています。
描き下ろしは上でも描いた通り大ボリュームですよ!64ページ!(+α)

メロンブックス様でも委託販売の予約が始まっています。
よろしければ!
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001074958_yakumi_mugamu.php



サンプルはpixivの方で!

描き下ろし漫画『禍星』は他の各収録作を読んでいただいた前提のお話になっています。
というかネタバレをすれば、大まかなあらすじは『When You Wish Upon A STAR』の後日談、といった形になります。
もちろん他の作品との繋がりもありますけれど。
なので今回を逃せばお蔵入り確定のお話だったんですよね。
シリーズ物でもないのに過去の既刊群を読んでいる事前提の本は出しにくいので…。

他の過去作品ですが、B6に縮小する際に出る不具合を除けばほぼ加筆せずに収録しています。
加筆なんかしていたら全ページに手を入れたくなるし!
ちなみに各あとがきに関しては流石に別の文に差し替えてありますが、オマケのコマは全部そのまま載っけていまいす。
時たま「読後感が台無しだ!」とのお叱りも受けるのですが、やはり自分としてはあのオマケ有っての締めだと思っているので…。

編集の際に過去作品を見返すのは最初は本当に辛い物でした。
どうしても拙かった部分に目が行ってしまいますから。
でもそれを克服した辺りから「あんまり進歩してなくね?」とか「昔の方が良い絵描いてね?」みたいな疑惑が浮かんで来て別の意味で辛く…。

ともかく今回は自分もすごい大変な中、知人に手取り足取りなアドバイスを貰ったり、印刷をお願いした緑陽社様に手厚い対応を頂いたりと
周りに多大な迷惑を振りまきながら制作しました。本当に頭が上がりません。
というか緑陽社の担当のお姉さん、よく最後まで声を荒げずに対応してくれたな…。菩薩なのかな。


以下依頼やゲスト関係の告知です。
告知解禁順!多分!

■スリーブのイラストを描きました。

2日目 東地区 ハ−51b
『ひまわりフィーバー』様にて頒布される
メタリック仕様のスリーブのイラストを描かせていただきました!

ひまわりフィーバー様のサイト
http://baroguramura.blog.fc2.com/



散っている火花の部分がメタリックな質感になるそうです。

幽香と衣玖さんの組み合わせですが、この題材自体は指定してもらった物です。
自分からは選びそうにないチョイスや構図だったので描いてて色々と面白かったですねー。


■艦これ小説本のイラストを描きました。

サークル「アノマリールーム」様の新刊
『戦艦陸奥という名の亡骸』
の表紙絵と挿絵を担当させていただきました。

アノマリールーム様は夏コミ不参加ですが
1日目 K-56b
「姫上家」様で委託頒布されるとの事です。

著者の過酸化水素ストリキニーネ様のpixivページ
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=45103163

また、メロンブックス様でも委託されています。
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/detail/212001074884



ストリキニーネさんの本の絵を担当させてもらうのはこれで2回目です。
前回のこころ本もストリキニーネさん節満載の素晴らしい本だったので今回も楽しみ!

そういえばこのブログやpixivに艦これの絵を載せるのは今回が初めてになります。
ツイッターの方には何枚か有った様な無かった様な?
艦娘は艤装を描くのが楽しいですね。その分女の子部分に気が入らなかったりするのが難点。

陸奥はゲーム本編でも気に入って重用してますが、実は長門はまだ入手してなかったり。去年の夏コミ直前から始めているのに…。
まあそもそも最近は忙しくてログインできていませんが。
最初は放置ゲー的な触れ込みでしたけど、結構手間かかりますよねこのゲーム…。
あと何と言うか…ケッコンカッコカリってノリにちょっと辟易しちゃったってのもあります。
艦娘とイチャイチャする要素なんていらないねん。提督=プレイヤーって構図もいらないねん!

最近でも深海棲艦に好みのデザインが多いので、その辺を気にせず再開したいってのはあるんですけどね。


■東方小説本のイラストも描きました。

2日目 東地区 ト-52a
『鏡花風月』様にて頒布される新刊
『下克城』の表紙絵と挿絵を担当させていただきました。

特設サイト
http://k2fg.net/c86/



表紙に出ている面子以外にも多数のキャラが出演する群像劇との事です。
良いですよね…群像劇。

しかし魔理沙ちゃん多いですね今回。
そういえば今回の魔理沙の絵3枚は目の色で結構遊んで?試行錯誤して?います。

最初に描いたのはメイキング用の絵なのですが、
髪や魔法陣等のキーになる部分に黄色が多く、絵を締める為に目の色を水色にしました。
ただ元々黄色の目をまんま水色にするのもどうかと思ったので
次に描いたこの絵では試しに水色に黄色系の差し色を入れてみました。(最後の仕上げの関係で緑っぽくなっちゃいましたが)
そして最後に描いた総集編の表紙では原作通りの黄色に戻したのですが、この流れを汲んで水色の差し色を入れています。
結果としては…なんか素直に黄色にしといた方が良かったかな…?といった感じです。駄目じゃん!

■モビルスーツ描きました!

1日目 東地区 ホ-23a
『COMPOSITE CELL』様にて頒布される新刊
『COMPOSITE GRAPHICS GUNDAM U.C SUMMARY ver.』にゲストイラストを寄稿させていただきました。

著者のスサガネさんのpixivページ
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=45158750

クシャトリヤちゃんとマリーダさん描いたよ!
長年富野信者やってるくせにMSを真面目に描いたのは今回が初めてでした。
すっごい難しかったけど楽しかったー!

ちなみに提出後に他の超絶ゲスト陣を知って淡い満足感が絶望に変わったというオチ付き。
なんだこの面子!!
この中に有ってはお目汚しかもしれませんが、頑張って描いた事は間違い無いので見てやって下さい。

■東方アレンジCDのジャケットを描きました。

2日目 東地区 ネ-31b
『Rolling Contact』様にて頒布される新譜
『Twisted Bouncers』のジャケットや各種イラストを担当させていただきました。

特設サイト
http://sp.x0.to/c86/44.html

ジャケットだけではなくインレイ部分等のイラストも描いています。

曲調はハードなんですが、とにかく色が澄んでいて綺麗なメロディがスッキリと入って来る素晴らしい曲ばかりです。
勢いとメロディの心地よさを両立してる曲って本当に希有だと思うんですよね。凄いなぁ…。

■ゲスト漫画描きました。

サークル『急行兎』様の東方総集編
『朧蒐』にゲスト漫画を寄稿させていただきました。

1日目 東地区 P16b
『Four Leaves Clover』様にて委託頒布。
3日目 東地区 ノ01a
『急行兎』様にて頒布されるとの事です。

著者のともつか治臣さんのpixivページ
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=44445324

4ページのナズーリンやルーミア、秋姉妹が出てくる漫画です。
1ボス勢なのはともつかさんの過去作に対するリスペクトのつもりなんですよ…。
というかここもゲストの面々が凄いな!!しかもまだ増えるのかな。



ひとまず以上になります。
頑張った…頑張ったんだよ…ゲスト受ける時はもっとスケジュールを確認しよう…。

コミケ当日ですが、今回もスケブはお受けできないと思います。
いつも通りの理由もありますが、今回は一冊の厚さの関係上搬入量ギリギリな段ボールの山になりそうなのでちょっと物理的にも無理かなー、と。
スペースがこんな有様だと当日の会場の暑さや湿度も怖いですね…。

それでは当日お会いできたら幸いでございます。














 
| ゾウノセ | お知らせ | 17:52 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:52 | - | - | - | - |
ムガムビル買いました!
描きおろし分読みたい気持ちを抑えてじっくり見直していったら新規のお話は収録5話の人物たちが活躍する構成だったので感情移入を強めて入れて良かったです。
完結した話の続編で酷い目に遭う展開が好きでないという考えはとても共感できます。
血まみれになってしまったと仰る椛も職務を果たしつつ機転を利かせて場を通すなど実に様になっていたと思います。

魔理沙と聖の話、読んだ当時にこれは続いて救いがあってほしいなあと思ったものでした。
2年越しに両者が気持ちのいい形でわだかまりを解消したのが見れてとれも嬉しいです。
マジックアブソーバーにもつなげるという締めもニヤリときました。(表紙裏も)

間に口授が出て聖はじめとしたキャラの印象が変わったり(ヤマメお燐一輪は自分も飢虎を思い出しました)
心綺楼で新たに関係の深いこころが登場したりといろいろ変化はありましたが、
ゾウノセさんの魔理沙×聖はやはり惹かれるものがあります。
| ヒゲ抜き | 2014/08/23 11:39 PM |
ヒゲ抜き様

手に取っていただきありがとうございます!
読み方もこちらが想定してた様にしていただけたみたいで嬉しいです。
もちろん読み方なんて読者様の勝手で僕がとやかく言う物ではないのですが、今回に関しては構成上の狙いもありましたしね…。

魔理沙の本については僕自身もそうでしたし、周りから決着を望む意見を良くいただいていたので
今回描けて本当に良かったです。

聖は公式での動きで印象が変わった反面、色々自分で描いている内に変に愛着がわいて妄想が暴走している部分もあります。
うまくすり合わせてまた何かしらの形で描きたいなー。
あと魔理沙×聖はもっと流行るべき!!
| ゾウノセ | 2014/08/24 1:25 AM |
"ムガムビル"読みました!最初単行本の頭文字を合わせたタイトルかな?と思ったんですがビンテージのビしか合ってなかったです:)

書き下ろしの禍星、これをトリに持ってくるのは、にくいですね!劇場版ゾウノセ感があって、各キャラの活かし方とか、伏線の拾い方とかが、何と言うか映画館で立ち上がって拍手する人みたいな気持ちです今。

線の太さなんでしょうか?劇場版っぽさがあるのは・・。(劇場版だと妙に作画が綺麗になる現象ありますよね。あれみたいな・・。)

冷静になると割とすっと終わってしまう展開なのかもしれないんですが、総集編一冊の没入感があると俄然いい感じですね・・。まだまだ書き足りないネタを抱えていると思うのですが、これからも総まとめや、話の後日談にも期待しております。

あと人のことを言えないんですが、ハードワークすぎるのでお体に気をつけてください(癌とか・・)。

長文失礼しました。
スンワシ
| しわす胸熱 | 2014/08/24 3:35 PM |
しわす胸熱様

胸熱!
ありがとうございます!

禍星は言われた通りかなりスッと終わる展開ですよね。
もちろん狙った展開ではあるんですが、ちょっと駆け足過ぎたかなーという反省もあります。
でもあれ以上ページ数増やすのは無理!!

線は過去作に比べてだいぶ細くなっていますね。
それ自体は最近の本でも同じなのですが、いつも通りB5で描いた原稿をB6に縮小しているのがさらに細さを強調してるのかもしれません。
それが作画のスッキリさに繋がっているのかも?

総集編、次回はどうしましょうかね。今回みたいにキャラ総出演のお話が思い浮かべば良いんですけど…。
まあそれはその時の自分に丸投げしよう!

ハードワークにはお互い本当に気を付けましょうね…。
癌とかヤメテ!!



| ゾウノセ | 2014/08/24 6:13 PM |









http://zounose.jugem.jp/trackback/58
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ ブログ概要
■管理人  ゾウノセ
■サークル 薬味さらい
■連絡先  zounose@gmail.com

絵はpixivにも有ります。
画質も基本的にpixivの方が高め。

 
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ PROFILE